主婦の働き方

社会復帰に向けてまずは働き方を考えたいと思いますp(*≧ω≦)/ ファイト~!!

 

私の希望としては、

・下の子が幼稚園に行っている時間帯

・参観日など行事にお休みが取れる

・土日はお休みが確保出来る

・出来ることなら自宅の近くがベスト

ですが、これは子どもがいる主婦なら譲れない条件ですよね。

これらの条件を満たしてくれるような主婦向けの求人に的を絞っていくつか応募してみましたが、これがなかなか難しい・・・!

主婦向け、子どもがいても大丈夫、という謳い文句があるのでこちらも安心して応募してみましたが、平日休みなら土日に振り替えを、とか、残業があります、など予想外なことを言われることもあってだんだん心が折れてしまいそのままフェードアウト・・・というのがここ半年の私です(笑)

応募する前は決まるまで難しいだろうとは思ってはいましたが、実際に応募してみてまさかここまで難しいなんて!と凹んでしまいました。

周りの話を聞いてみたら同じような境遇の人が何人もいたので世の中の仕組みは主婦には優しくないんだなーと痛感しました(^^;

では、主婦が働くとしたらどんな働き方がいいのでしょう?

色々なサイトを参考に自分に合うものはどれか、探していきたいと思います!


 

・兼業主婦と専業主婦

”兼業主婦のメリットは、断然収入の面でしょう。

厚生年金に入っていますから、手取りは少なくても老後のお金の心配をしなくて済みます。
ゆったりした老後を送ることが出来るでしょう。

専業主婦のメリットはなんといっても子育てに専念出来るということでしょう。

また子供が自立したら自分の時間を確保出来ますので、友達と一緒に遊ぶなどと言ったことが出来ます。

引用元:まんまみーあ 

 

・主婦の働き方とは?

”確かに、子供を育てている主婦が社会に出て働くのはとても大変です。
このサイトでは、そんな「仕事に悩める主婦たちの悩みが少しでも小さくなる様に」
という願いをこめて主婦の働き方について記述をしています。
このサイトを通して「主婦の働き方」について
もっともっと理解を深めていただけたら幸いです。

引用元:主婦の働き方を考える

 

・損をしない働き方は?

”ある基準以上働くと、扶養家族ではなくなり、所得税や住民税、社会保険料など、妻自身が払わなくてはいけなくなるものがでてきます。収入によって変わる負担の内容について、まずは一般論を整理してみましょう。

引用元:WOMEN’S PARK 子どもの教育資金&家族のお金

 

・パートで働く

”子育てと仕事の両立で大切なのが両方のバランスを上手くとることだと思います。仕事はもちろん大事ですが、子供の行事や急病による看病など仕事よりも子供のことを優先しなければならない場面が多々あります。そんな時、パートで働いている場合は時間の融通がきくことが多いので働くママにとって大きなメリットです。

引用元:共働きの子育て

 

・正社員で働く

”この時代、やはり「働く」ということになると正社員が一番です。
正社員になれば、少なくとも社会保険を支払ってもらうことが可能になりますし、そうなると年金は厚生年金になるので楽に生活をすることができるようになるでしょう。
また、仕事のやりがいという意味でも正社員は非常に強いです。

引用元:子育てママの仕事復帰!

 


 

私の周りもそうですが、パートで働いている方が正社員で働いている方よりも断然多いです。

やはり時間の都合がつきやすい、というのが主婦にとっては大事ですよね。

我が家も子どもの行事などは私が行く場合が多いのでパートの方が都合が良さそうです。

当初の予定通り、パートで探していこうと思います(*^^*)